千葉の家族葬ではどの程度の葬儀場規模が理想?

ひと口に家族葬といっても、需要が増え多様化した現代では規模もいろいろです。

どのような家族葬を望むかで規模も変わります。

千葉市内にある葬儀会場で、家族葬に対応してくれる会館の平均をみてみましょう。

■家族葬の規模は40席-60席規模が平均的。

千葉市内の葬儀場でも、かつての家族葬は30席程度が平均とされていました。

家族と近隣の親戚だけで送るのが普通だったからです。

この規模に仮眠室などがありました。

現代の家族葬は、ニーズが増えスタイルも多様化したことなどから、平均で60席を用意している葬儀場が普通になっています。

この規模であれば、どこの葬儀社に依頼してもすぐに手配してくれます。

■家族葬は規模ではなく「形式にこだわらない葬儀」。

家族葬での留意点は、あまり多くの人に案内を出さないことです。

通知した数が多すぎて、60席では足りなくなったという千葉での事例もあります。

また故人に特別の趣味があって親しかった友人を呼ぶ場合などは、形式は家族葬でも、60席より大きめの会場を確保してもらうことです。

家族葬が広まることによって「形式にこだわらない葬儀」という、現代風の定義が定着しつつあります。

★参考サイト>>更新!千葉の葬儀まとめ

必ずしも大規模な葬儀を行う必要があるという価値観ではなくなってきているのかもしれません。

■規模の平均は60人前後ですが、そうしたことより、故人の遺志を叶えてあげるのが家族葬のいいところです。

家族葬は故人の遺志を大切にして、たとえば生前に「このような葬儀にしたい」といったような話し合いがあったなら、極力それを叶えてあげましょう。

規模や形式ではなく、むしろそうした通念を外して気楽に楽しく送ってあげるのが今どきの家族葬です。

葬儀社に依頼すれば、ピッタリの葬儀場を提案してくれます。